弁護士葛巻のコラム

2017.09.04更新

皆様、こんにちは。

赤坂、青山、渋谷近郊で弁護士をやっております、葛巻瑞貴(かつらまき みずき)です。

今回は、前回のコラムでも紹介した、「有責配偶者からの離婚請求」について解説していこうと思います。

 

1.離婚原因があっても離婚が認められない場合がある

前回のコラムで説明した民法770条1項条の離婚原因が存在したとしても、

離婚請求者側が有責配偶者であり、このような配偶者からの離婚請求が信義則に反する場合には、離婚請求が認められません。

 

2.有責配偶者の意義

有責配偶者とは、夫婦関係の破綻に専ら又は主として責任のある配偶者であるとされており、具体的には、不貞行為を行った配偶者等が典型例とされています。

すなわち、離婚の原因を作った配偶者が離婚請求をするのは、

相手方からすれば、いわば「踏んだり蹴ったり」であって、

有責配偶者の離婚請求を一定程度制限しようとするのが、この法理の趣意となります。

 

3.信義則違反の判断基準

それでは、このような有責配偶者からの離婚請求が信義則に反するとされ、離婚請求が認められないのは、どのような場合でしょうか?

判例上、この判断には

・有責配偶者の責任の態様・程度

・相手方の婚姻継続の意思

・請求者に対する感情

・別居後の双方の状況、

・離婚となった場合の相手方及び子の状況等

・時の経過がこれらの諸事情に与える影響

等が考慮されなければならないとされています。

特に、具体的には

➀夫婦の別居が両当事者の年齢及び同居期間との対比において相当の長期に及んでいるか否か

②夫婦間に未成熟の子が存在するか否か

③相手方が離婚により精神的・経済的に極めて苛酷な状態に置かれる等離婚請求を要求することが著しく社会正義に反するといえるような事情が存在するか否か

といった諸点が総合的に考慮されなければならないとされています。

なお、あくまで、総合判断なので、上記➀~③の事情は特に考慮される事情ではありますが、不可欠な事実というわけではありません。

例えば、裁判例の中には、②の未成熟の子が存在していても、離婚請求が認められた例もありますし、

②・③の有無を考慮することなく離婚請求が認められた例もあるため、形式的に上記➀~③の要素をあてはめて結論を導くことはできないのです。

結局は、➀~③の事情が中心的な要素となるものの、それ以外の様々な事情を総合的に考慮して、有責配偶者からの離婚請求が信義則に反するのか否かを判断することになります。

 

4.各3要素の留意点

また、参考までに、中心的なファクターである上記➀~③の各要素について、どのよう事情を考慮して判断されているのかについて簡単に説明しようと思います。

まず、➀の別居期間ですが、

別居期間は、年齢及び同居期間との数量的な対比に加えて、別居後の時の経過が当事者双方についての諸事情に与える影響や、離婚を請求されている側の有責性の有無・程度をも考慮して判断されることに注意する必要があります。

次に、②の未成熟の子の有無ですが、

親の監護を受ける未成熟の子がいる場合であっても、子の精神的な成熟度、不要を要しなくなるまでに要する期間の長短、離婚後に予想される監護体制等諸般の事情に鑑み、離婚請求を認めることが子の利益及び福祉に悪影響を及ぼさないのであれば、有責配偶者の離婚請求でも認められる余地があると解釈されています。

最後に、③の特段の事情ですが、

この判断の中心は経済的な苛酷状態であるとされています。

裁判例において考慮されているのは、離婚給付の予定や実効性といった離婚給付に関する諸事情、離婚請求をされた相手方配偶者の収入資産の状態や離婚後の経済的安定度、離婚請求者による婚姻費用の分担、離婚請求された相手方配偶者が離婚請求名義の住居に居住している場合の居住関係、相続権・公的扶助受給権の喪失といった事情です。

このことからも明らかなように、➀~③の要素についても形式的な判断はなされていないのです。

 

5.婚姻関係破綻後の不貞行為にはご注意

以上のように、有責配偶者からの離婚請求は制限される可能性があるのですが、

有責行為(例えば、不貞行為)の時点において、既に夫婦関係が破綻していた場合には、上記法理は適用できません。

すなわち、有責配偶者の離婚請求が排斥されるためには、離婚請求者の有責行為が婚姻関係の破綻に原因を与えたという因果関係が必要であり、

有責行為が婚姻関係の破綻後に生じたときは、有責配偶者とはいえない、とされているのです。

したがって、有責行為と婚姻関係の破綻の先後関係が非常に重要になるので、この点が争点になる場合には、有責行為の開始時点に、婚姻関係が破綻していたのか否かということに関する事実を積み上げていく必要があります。

 

以上で、有責配偶者の離婚請求についての解説を終わります。

離婚関係のご相談についてお困りの際には、

以下の問い合わせフォームから相談の予約をお願いいたします。↓

<<<お問い合わせフォーム

 

投稿者: 弁護士葛巻瑞貴

2017.09.01更新

皆様こんにちは。

赤坂、青山、渋谷近郊の弁護士葛巻瑞貴(かつらまき みずき)です。

今回は、法律上の離婚原因、特に民法770条1項5号の「婚姻を継続し難い重大な事由」の判断基準について簡潔に述べたいと思います。

 

1.法律上の離婚原因(民法770条第1項)

まず、法律上の離婚原因は、以下のとおりです。

➀配偶者に不貞な行為があったとき

②配偶者から悪意で遺棄されたとき

③配偶者の生死が3年以上明らかでないとき

④配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき

⑤その他婚姻を継続しがたい重大な事由があるとき

とされています。

そして、現在の通説的な見解によれば、➀~④は⑤の例示に過ぎないとされています(一元説)。

つまり、法律上の離婚原因は、⑤の「婚姻を継続し難い重大な事由」の有無に集約されていることになります。

それでは、➀~④以外の事情に基づく「婚姻を継続し難い重大な事由」とは何なのか?

本コラムではこの点を明らかにしようと思います。

 

2.⑤「婚姻を継続し難い重大な事由」の意義

一般的な見解によると、⑤の「婚姻を継続し難い重大な事由」とは、婚姻関係が不治的に破綻している場合をいうものと解されています。

そして、「破綻」とは、ⅰ夫婦としての信頼、絆が完全に切れたこと(主観的側面)、ⅱ回復の見込みがないこと(客観的な側面)の2つの要件が認められる夫婦の状態を指すとされています。

 

3.具体的な要素

では、上記ⅰ・ⅱを構成する要素としては、どのような事情があるかというと、代表的な裁判例で考慮された要素を簡略にまとめると以下のとおりとなります。

・長期間の別居

・暴行、虐待、重大な侮辱

・不労・浪費

・犯罪行為

・過度な宗教活動

・精神障害

・性行不能

・性格の不一致

などが挙げられます。実際の訴訟では、これらの要素を総合考慮して、婚姻を継続し難い重大な事由が存在するか否かが判断されます。

なお、上記破綻を生じた原因は、当事者双方又は一方に有責事由がある場合に限ると解する必要はないとされていることから、

被告が無責であっても、原告から婚姻を継続し難い重大な事由を主張して離婚を請求することができるとされています。

 

4.有責配偶者からの離婚請求にはご注意を

ただし、有責配偶者(夫婦関係の破綻に専ら又は主として責任のある配偶者=例えば、不貞行為を行った配偶者)からの離婚請求については、

信義則違反として離婚請求が認められないこともありますので、この点は注意する必要があります。

※有責配偶者の離婚請求については、後日、コラムで書きたいと思います。

 

以上が、離婚原因の判断基準でした。

離婚問題等で弁護士葛巻にお問い合わせがある場合には、こちらからお願いいたします。

お問い合わせフォーム

 

投稿者: 弁護士葛巻瑞貴

2017.08.25更新

皆様、こんにちは。

赤坂、青山、渋谷近郊で弁護士をやっております、葛巻瑞貴(かつらまきみずき)です。

最初のコラムということで、よく聞かれるけれど、一言では語り尽くせない、「弁護士になろうとしたきかっけ」について、今日は書きたいと思います。

 

1 ただ漠然と「人の役に立つ仕事」がしたかった高校時代

高校生の頃は、弁護士という職業に単純な憧れを抱いていた程度で、弁護士がどういう仕事をしているのかさえ、理解しておりませんでした。

私の家系には法曹関係者もおらず、弁護士の仕事のイメージはほとんど掴めていなかったのが現状で、この時点では、明確な将来の進路は決めかねていたと思います。

このような進路に迷える高校生の私でしたが、消防署で働く父の背中をずっと見てきた影響もあり、私自身も将来は、「父のように困っている人の力になりたい」という想いは常に抱いており、就きたい職業の中に弁護士が入っていたことも事実です。

そのため、もちろん法律にも興味はありましたが、比較的幅広い選択肢が得られる法学部進学を決め、将来のことは大学生になってからゆっくり決めようと思っていました。

 

2 「弁護士列伝」取材記者-ある全盲の弁護士との出会い-

大学生になると、勉強ももちろんですが、フットサルサークルでの活動やアルバイト等、時間があるようで時間がない生活が始まりました。しかし、心の片隅で、弁護士になりたいと思っていた私は、法律の勉強には力を入れており、平均的な大学生よりは勉強を頑張っていたと思います。

そんな、平凡な大学生活を送っていた私に転機が訪れます。

皆様は、学生主体の「弁護士列伝」というインタビュー企画が弁護士ドットコムに存在したことをご存じでしょうか?(現在の「弁護士列伝」の前身の企画です)

「弁護士列伝」は、学生が弁護士に突撃インタビューをして、その内容を記事にしてインターネット上にアップするという活動でした。敷居が高いと思われがちな弁護士を、皆様にもっと身近に感じて貰いたいという理念で始まった活動です。

私が、早稲田大学法学部の2年生の頃、この活動に参加させて頂きまして、数多くの弁護士の先生方にインタビューいたしました。

この活動を通じて、弁護士の先生方の気さくで面白いお人柄に感動し、また、弁護士の活動領域の広さを実感することができたのです。

大学で法律学を学ぶ傍らで、こうしたプロの先生方と直接お話しをする機会を頂けたのは非常に幸運な経験でした。しかも、「弁護士列伝」のおかげで、弁護士の仕事に対するイメージはかなり具体化してきたのです。

そして、一番衝撃的な出会いは、ある全盲の先生に行ったインタビューでした。

その先生は、後天的に、光を失った方で、その絶望は私の想像を遙かに超えていたことと思います。しかし、そこから這い上がり、点字で司法試験にも合格し、見事弁護士になられた方でした。

その際のインタビューの内容については、以下にリンクを貼っておきます。良かったらご覧になってください。

 

「弁護士列伝」インタビュー記事

 

この出会いを経て、私は、一念発起し、「自分も弁護士になろう!」、「司法試験に合格しよう!」と誓いました。

というのも、大学生になった私は、司法試験の難しさは十分理解しておりましたし、ロースクール進学となると、決して裕福な家庭ではなかったため、金銭的にも厳しいことは目に見えていました。

そのため、「弁護士になりたいな」、「弁護士になれたらいいな」とは思っていたものの、「絶対弁護士になってやる!」という意気込みは持てていなかったのです。

自分で自分の限界を決めて、実際のところ、諦めていたのです。勉強はしているものの、それは本気の勉強ではなく、なんとなくの受験勉強の延長のようなものだったと今では思います。

こうした今までの行いを恥じた私は、本気で司法試験合格を目指して勉強を開始しました。

そこからの勉強の日々は非常に過酷なものでしたが、今となっては良い思い出です。

 

3 後輩の死-志半ばで潰えた夢-

早稲田のロースクール生だった頃、もう一つ、私にとって大きな出来事がありました。

早稲田大学法学部及び私が所属していたフットサルサークルの後輩が突然事故で亡くなったのです。

彼も、弁護士を志しており、試験前はよく勉強を見てあげたり、先の「弁護士列伝」の活動も紹介してあげて、私がインタビュアーを引退した後も、彼は取材活動を頑張っていました。

しかし、突然の事故で彼の夢は潰えました。

たまたま、彼の財布の中に私の「弁護士列伝」時代の名刺が入っており、私に警察から連絡がかかってきたのです。

そのときの衝撃、悲しみ、やるせなさは言葉では言い表せないものでした。また、警察署でのご家族の顔も忘れることができません。

この経験を経て、私は、彼のためにも自分が弁護士になって、彼の意志を継ごう、彼の夢の続きを表現しようと強く思いました。

 

4 司法試験論文試験2ケタ合格-そして弁護士へ-

さて、努力のかいもあってか、司法試験を無事突破し、晴れて弁護士になることができました。

成績も納得のいく結果が取れ、努力は裏切らないなと思いました。

「継続は力なり」これが私の座右の銘です。

彼も少しだけ報われたな。もしそうなら、弁護士になったよって、彼の墓前に花を手向けたいと思います。

 

5 おわりに

以上が、私の「弁護士になったきっかけ」です。

皆様が、少しでも葛巻瑞貴(かつらまきみずき)という人間のことに興味を持って頂けたのならば存外の幸せです。

様々な会合や挨拶の機会によく聞かれる話題なのですが、一言二言では語り尽くせない話しですので、コラムとして書かせて頂きました(次回からは法律関係のコラムを掲載予定です)。

弁護士として、最上級のリーガルサービスを皆様に提供させて頂きますので、今後とも宜しくお願いいたします。

お問い合わせはこちらから↓

<<< お問い合わせフォーム

 

投稿者: 弁護士葛巻瑞貴

2017.06.27更新

よろしくお願いします。

投稿者: 弁護士葛巻瑞貴

前へ
  • 〒107-0052
    東京都港区赤坂3-2-6
    赤坂光映ビル6階
  • 東京メトロ
    赤坂見附駅
    徒歩1分
  • 受付時間9:30~18:30土日祝 対応可 03-6230-9418bottom_img01_sp.png
  • 24時間受け付けております 無料相談のご予約はこちら24時間受け付けております 無料相談のご予約はこちら
24時間WEB予約